『あなたと犬の相性が分かる本』(ダイヤモンド社)

「はじめに」より抜粋


「瓢箪から駒が出る」ということわざがありますけれども、この本が世に出るきっかけとなった顛末がまさにそれ。

今から一年半ほど前に、ある日突然、川野信哉くんという若手の前途有望なドッグトレーナーから、「犬のしつけや訓練がうまくいかない時の最大の理由は、飼い主の性格と犬の性質の組み合わせがミスマッチを起こしている場合なのですが、何とかならないものでしょうか?」という手紙をもらったことから始まりました。

私は人間の深層心理学を応用した「エゴグラム」という性格分析の専門家ではありますけれども、犬の知識に関してはほとんどゼロに近いというのが当時の偽らざる状態だったので、早速、近所の本屋に駆け込んで、犬に関する本を買い集めて読み漁った結果、犬はその犬種によって特有の「行動気質」というものが存在することがわかってきました。

「ひょっとするとこれは、犬のエゴグラムができるかもしれないぞ!」というのが、その時私の頭の中に閃いたのです。 

以後、川野くんとの二人三脚が始まり、試行錯誤を重ねつつ、ようやくどこに出しても、どこのどなたに見せても恥ずかしくない、しかも利用価値の高い内容の物を完成することができました。

もちろん、その中心になっているものは「犬の行動気質チャート」というもので、あらゆる犬の種類を9つのグループに編成してあります。人間の側に関しては、福島式エゴグラム表示法に基づいた22グループに編成してありまして、あるグループの犬とあるグループの人間が、飼い主と飼い犬の立場に立たされた時に、どんな利点が生まれ、どんな欠点が生まれやすいのかということを、ざっとかい摘んで明示してあります

その上、この本は、ドッグトレーナーである川野信哉くんがアメリカやヨーロッパで学んできた犬の訓練などに関する情報が満載してあります。 

 

2007年9月福島寛(ペンネーム 玄卜)

------------------------------------------------------------------

犬との生活は、人に本当に豊かで幸せな時間を提供してくれます。私は小さい頃に父の仕事の関係でフランスに住んでいたことがあるのですが、見事に調和の取れた人間と犬との暮らし振りが今でも目に焼き付いています。私がドッグトレーナーになったのは、そんな犬文化を日本に定着させたいと思ったからです。


昨今のペットブームにより、日本でもここ数年で犬の情報は格段に増えました。書籍、雑誌、イベント、インターネットなど、その情報量は膨大です。そうすると今度は情報が多すぎて、どれが自分と自分の犬に合っているのか分からない、という悩みがよく聞かれるようになりました。なるほど、確かにそうです。例えば、しつけや訓練の方法にしても、飼い主の性格や犬のタイプに合わせて、あなたにはこの方法があっているとか、あなたの犬にはこの方法が良いといった具体的なアドバイスを含んだ情報は、今まで無かったかもしれません。


私はドッグトレーナーとして多くのお客様と接してきましたが、犬の性格も色々、犬を扱う人間もまた色々です。同じように指導しても異なる結果になったり、訓練をした直後は良い結果が出ていたのに、時間の経過とともに元の状態に戻ってしまったり...その原因は、人と犬の組合せ、つまり相性が関係していることが段々分かってきました。あまり良い結果が出ない場合、飼い主の性格と犬の性質がミスマッチであることがほとんどです。


飼い主の性格や犬の気質に沿った、より効果的な指導法はないか、また、人と犬のより良いマッチングやその組合せにあった効果的な解決策はないものかと、頭を悩ませている時に、深層心理学の研究家で、福島式エゴグラムの創案者である福島先生と出会いました。そして、福島先生も序文で書かれている通り、試行錯誤の末に本書で取り上げた「犬の行動気質チャート」というものが完成したのです。


私が日頃から目指しているものは、「人と犬が自然に共生する文化」です。すでにそれを実現しているフランスに負けないような犬文化を、この日本にも是非根づかせたいと、いつも考えています。そして、縁あって出逢った人と犬が、豊かで幸せな時間を共有できるように...。この本が、少しでその役に立つことを、心から願っています。


川野信哉